子育て英語 「熱がある①」アメリカと日本の温度の違い

 
 
先日娘が初めて熱を出しましたので
 
このテーマで、、
 
 
 
 
I have a fever.
( アイハバフィーバー)
 
I have a temperature.
(アイハバテンペラッチャー)
 
私は熱があります
 
 
 
 
——————**主語を変えたら**—————–
She has e fever. 彼女は熱があります。
He has a fever.彼は熱があります。
We have a fever. 私達は熱があります。
They have a fever. 彼らは熱があります。
——————————————————————
 
 
これらがおそらく1番使われてる言い方
 
ではないでしょうか目ひらめき電球
 
 
 
 
他にも、、
I am running a fever. 
I am running a temperature. 
I’ve come down with a fever.
とかもありますニコニコ
 
 
 
 
 
 
 
 
 何度熱があるか言いたい時は、
 
“I have a temperature of 38.2 ℃. “
(略オブ サーティーエイト ポイント トゥーセルシウス)
 
38.2℃の熱があります。
 
 
 
 
 
 
 
ここで!!
 
アメリカ日本では温度の見方が違います!!
 
 
 
 
 
日本摂氏(°C)セルシウス
 
アメリカ華氏(°F)ファーレンハイト
 
ドーーーーーーーーーーン!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
摂氏温度は、、、
 
スウェーデンの天文学者セルシウスさんUMAくん
 
が考案したもので、
 
華氏温度は、ドイツの物理学者
 
ファーレンハイトさん宇宙人くんが考案したもの。
 
 
 
 
 
日本アメリカ
 
それぞれ違う考案者の温度を使ってるから
 
違うんですね!
 
めんどくさ〜(笑)ゲロー
 
 
 
 
 
 
 
上記の例文の摂氏日本38.2℃UMAくん
 
華氏アメリカでは100.8℉宇宙人くんなので、、、
 
 
 
 
“I have a temperature of 38.2 ℃. “
(略オブ サーティーエイト ポイント トゥーセルシウス)UMAくん
 
38.2℃の熱があります。
 
 
 
 
“I have a temperature of 100.8℉. “
(略オブ ハンドレッド ポイント エイト ファーレンハイト)宇宙人くん
 
100.8℉の熱があります。
 
 
 
 
 
となりますひらめき電球
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファーレンハイトさん宇宙人くんが使われている国
 
ほぼほぼアメリカアメリカだけやん
 
もーセルシウスさんUMAくんに変えれば?
 
 
 
めんどくさいから笑い泣きゲロー
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です